フィルム

基板データから、基板を製造するために起こすものです。製造工法によって、「ネガ」(導体部分が透明なもの)と「ポジ」(導体部分が不透明なもの)の2つがあります。