ガーバーデータ

回路記号のほか、部品の特性(抵抗値や容量、定格電力や耐電圧など)の情報も網羅しており、部品ライブラリを作成するための必須情報です。これと部品・基板ライブラリを統一する必要性が最近認識されています。