マスラミネーション

多層板の成型工程前の位置あわせの方式のひとつ。エッチングで作った内層の認識マークを頼りに成型する方式で、4層板の成型工程で主に使われます。なお、6層以上の場合は内層にパターンがあるため、ずれの少ないピンラミネーションの方式を採用するケースが多いようです。