エッチファクタ

エッチングレジスト下の導体の厚さ(T)と、横方向のエッチング深さ(D)との比率。(T/D)数値が大きいほどエッチング精度が良好で、一般的には、2.5~3.5 程度となります。