赤目

実装時に基板のランド全体にはんだが濡れ広がらず、一部のランドに銅箔の露出部が残る現象です。鉛フリーはんだでは濡れ性が悪いために赤目な発生が増える傾向にあります。