コスト低減と実装技術

為替の影響

海外での製造体制のコスト上昇

などにより、

品質を重視する風潮が拡がりつつあるのは喜ばしいが、

価格低減の圧力は相変わらず強い。

海外で製造するメリットは低コストだが、

品質を重視するのであれば、

実装技術にも目を向けてもらいたい。

プリント配線板のコストを低減したところで、

実装技術が疎かになると製品の品質は覚束ない。

具体例を挙げればキリがないが1点例示する。

それは、電子部品のランド(またはパッド)の仕様だ。

ランドのライブラリは電子部品のデータシートに記載されるが、

ライブラリは、本来、実装条件に左右される。

従って、闇雲にデータシートを信用する必要性はない。

最適な実装条件を構築するための努力は欠かせない。

詳細は、セミナーでご案内申し上げる。