長尺フレキシブルプリント配線板の実装作業

LEDの実装案件についてお問い合わせが多い。

為替の動向も影響していると考えられるが、

信頼性の課題も少なからず影響していると思われる。

そこで、

プリント配線板の実装

つまり、プリント回路板の製造は

極力、日本国内での対応を志向して、

日本国内でのメタルマスクの調達を可能とした。

L=1300mm

までクリームはんだの印刷が可能だ。

大型メタルマスク

従来のメタルマスクは

600mm×550mm

の枠サイズが標準だが、

1560mm×750mm

までの大型サイズでの製造が可能だ。