フレキシブルプリント配線板の層構成

フレキシブルプリント配線板の取り扱いに不可欠な情報が

【層構成】 の仕様だ。

CEM-3/FR-4などのリジットプリント配線板は

おおまかに申し上げて、

材料を購入し、

回路を形成して

切断

検査

の工程を経て出荷されるが、

フレキシブルプリント配線板は

フィルムと銅箔の積層加工が不可欠だ。

積層にあたっては、

フィルムと銅箔を接着する必要がある。

従って接着剤の塗布も必要だ。

層構成は、

原則的には、発注側が決定しなければならない。