ニーズに応える機能的な体制と先端技術がビジネスフィールドを拡げる
最終更新日:2009/06/01 ホーム 更新情報 事業内容 会社概要 リンク お問い合わせ 実装見積基板見積
お役立ち 設計 鉛フリー PCB 不具合 用語集 在庫表 プレスリリース
用語集
プリント配線板関連
プリント回路板関連
電子部品関連
規格・協会関連
鉛フリー実装関連
ホーム
お役立ち情報
格安パターン設計
目からウロコの
鉛フリーのお話
サルでもわかる
プリント基板の話
鉛フリーはんだの
不具合事例集
在庫表
プレスリリース
お問い合わせ
ご注意

設計関連語集

  1. CAD [Computer Aided Design]
     コンピュータを使う設計作業を指します。マニュアル設計に比べて高速かつ高品質の作業が実現するため、高多層・高難易度品はほとんどがCADによる設計に移行しました。

  2. CAE [Computer Aided Engineering]
     伝送電路解析や回路シミュレーションなどのエンジニアリング作業を指します。

  3. CAM [Computer Aided Manufacturing]
     コンピュータを使用した治具の製作用データや加工データ作成作業を指します。
    CADデータとの統合により、製造データや部品データの標準化が進められています。

  4. CAT [Computer Aided Testing]
     コンピュータを使用して、ボードチェッカーやインサーキットテスタなどの治具用データを作成することを指します。

  5. CLK [clock]
     回路図でClock信号を表します。

  6. DMAX [diameter maximum]
     最大径。

    または

    DMAX [distance maximum]
     最大距離。

  7. DMIN [diameter minimum]
     最小径。

    または

    DMIN [distance minimum]
     最小距離。

  8. DRC [Design Rule Check]
     設計内容に誤りがないか確認する作業です。

  9. EMC [Electro Magnetic Coupling(またはCompatibility)]
     電磁整合性(または適合性)。EMIの発生や周囲からの侵入を防ぐための設計手法です。

  10. Mil
     0.001 inch(0.0254mm)に等しい。Mil-inchとも称されます。

  11. SMT [Surface Mount Technology]
     表面実装技術のこと。

  12. オートルータ [auto router]
     
    CADの自動設計機能。難易度が低い場合や、予め基板の層数やパターン仕様をきめるために使われますが、難易度が高い基板の設計には不向きです。

  13. 回路シンボル [circit symbol]
     回路記号のほか、部品の特性(抵抗値や容量、定格電力や耐電圧など)の情報も網羅しており、部品ライブラリを作成するための必須情報です。これと部品・基板ライブラリを統一する必要性が最近認識されています。

  14. ガーバーデータ
     回路記号のほか、部品の特性(抵抗値や容量、定格電力や耐電圧など)の情報も網羅しており、部品ライブラリを作成するための必須情報です。これと部品・基板ライブラリを統一する必要性が最近認識されています。

  15. 逆ネットデータ
     図面から取り込んだ結線情報。
    ネットリストと照合することで、設計ミスを未然に防ぐことができます。

  16. グリッド [grid]
     
    CADの原点を基準に作成されたX・Y方向の格子を指します。2.54mmを基本に整数分割した交差上に部品を配置したりViaを設定しますが、高実装密度でグリッドを外れる場合は、「オフグリッド」と呼ばれます。また、グリッドのピッチを任意で設定されているお客様もあるようです。

  17. クロストーク [cross talk]
     信号線同士が互いに干渉して、信号が他の信号に影響を及ぼす現象のことです。これを抑えるために設計時に対策を施すことが必要になります。
     例
    1. 並行配線を避ける。
    2. クロック信号には銅箔でシールドを施す。
    3. パターンの引き回しに注意する。(直角な配線を避けるなど)
    4. 高周波回路と低周波回路を分離し、高周波回路のパターンは極力短くする。

  18. 格子 [Lattice]
     (→
    グリッド)

  19. サーマルランド サーマルランド [thermal land]
     部品が実装されるスルホールと電源層(VCC )を接続する際に使われます。




  20. デザインルールチェック [Design rule check]
     (→
    DRC)

  21. デジタイザ [digitizer]
     図面をデータ化する装置です。図面をトレースして配線や部品のレイアウトなどを読み取ります。

  22. 伝送線路 [transmission track]
     GNDや電源パターンと信号線で構成される信号線路を指します。1枚のGND上の信号線をマイクロストリップ、2枚のGND間の信号線をストリップラインと呼び、このインピーダンスを整合させる(インピーダンスコントロール/マッチング)必要性のある高速ラインが増えています。

  23. 特性インピーダンス [characteristic impedance]
     電気が伝わるもの(伝送線路)がそれぞれ持っている固有のものです。高周波電力が伝わる際の電圧と電流の比のことです。高周波回路の場合、終端抵抗の抵抗値と特性インピーダンスを整合させることで反射を抑制します。

  24. ネットコンペア [net comparison]
     2つのネットデータを
    CADを使って比較すること。

  25. ネットリスト [net list]
     部品同士のつながりをあらわしたものでNode(ノード)とも言われます。部品名・信号名・接続情報などを網羅した接続情報のこと。
    CADによるパターン設計はこれをもとに進められます。

  26. パスコン [bypass capacitor]
     「バイパスコンデンサ」の略称。
     各ICの電源とGNDの間に置くもので、電源の安定を図りICの誤動作を防止する機能を備えます。

  27. バックアノテーション [back annotation]
     
    CADのパターン配線作業の内容を回路データにフィードバックすること。逆方向での作業をフォワードアノテーションと呼びます。

  28. 部品表(部品リスト) [parts table (parts list)]
     基板に使われる部品の一覧表です。リファレンスナンバー・部品型名・属性などが記載されます。最近では、部品表を一括で出力できる回路図エディタもあります。

  29. 部品ライブラリ [parts library]
     基板に実装する個別部品の情報を指します。
    回路シンボルとデータ(部品の特性・品番・ピンアサインなど)、および部品データ(部品の形状・寸法やピン配置・極性・ランド形状など)を統一することで設計納期の短縮や設計ミスを抑えることができます。

  30. プロッタ図 [plotter figure]
     配線情報を紙にプリントアウトしたものです。電源ラインや重要なパターンの引き回しのチェックに用いたり、仕様書に使ったりします。PDFデータに変換してユーザーに提出するケースのほか、チェックのためにカラープロッタで出力するケースもあります。

  31. ボードライブラリ [board library]
     基板の基準を定義したものです。基板の外形のほか、領域の制約(実装領域・配線領域・高さ制限)、層構成、プリアサインデータ(部品・配線)、
    グリッド、配線や穴・ランド仕様、レジスト・シルク情報などが含まれます。